医療費控除について

歯の治療も医療費控除が受けられます!

1年間(1月1日~12月31日)に医療を受けた時などに支払った医療費を確定申告することで税金から控除してもらえる制度です。

「医療費控除」の対象となるのは自分(本人)だけではありません。
生計を共にする配偶者やその他の親族の医療費も合算して対象になります。

医療費控除が受けられる歯の治療具体例

基本的に「治療目的」であれば医療費控除の対象となります
  • 虫歯の治療(保険診療・自費診療にかかわらず、対象となります)
  • 歯周病の治療
  • 抜歯
  • 歯を失った時の治療(インプラント・ブリッジ・入れ歯など)
  • 矯正歯科(治療目的の矯正歯科や、嚙み合わせ治療など)

※通院にかかった交通費も医療費控除対象となります

医療費控除が受けられない歯の治療具体例

基本的に「審美目的」「予防目的」であれば医療費控除の対象外となります
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科(審美目的の場合)

医療費控除の計算方法と具体例

医療費控除の計算方法

総所得が200万以上か、200万未満かで計算方法は異なります。

  • 総所得が200万円未満の場合

1年間で支払った医療費-保険金などの収入-総所得の5%=医療費控除額

  • 総所得が200万円以上の場合

1年間で支払った医療費-保険金などの収入-10万円=医療費控除額

医療費控除の計算例

還付金=医療費控除額×所得税率

※所得税率早見表

課税される所得金額税率
195万円以下5%
195万円~330万円未満10%
330万円~695万円未満20%
695万円~900万円未満23%
900万円~1,800万円未満33%
1,800万円~4,000万円未満40%
4,000万円~45%
  • (支払った医療費30万円-10万円)×10%(税率)=20,000円となります。総所得総所得が300万円の人が、インプラント20万円とジルコニア10万円、合計1年間で支払った医療費が30万円の場合。この場合、20,000円所得税が少なくなるということです。(もしくは、20,000円所得税が還付されます。)

医療費控除の申請・手続き

準備するもの
  • 医療機関に支払った領収書やレシート
  • 通院にかかった交通費などの合計額を計算
  • 源泉徴収票(サラリーマンの場合)
  • 還付金を振り込んでもらう金融機関の口座番号
  • 印鑑
手続き方法

税務署で申請を行います。

  1. 準備するものを用意して、最寄りの税務署へ行く
  2. 所定の申請書に内容を記載して提出する
  3. 後日指定先の金融機関に過払い分の税金が振り込まれる

※医療費控除の確定申告書の具体的な書き方はこちらを参照