歯科口腔外科とは

口の中、顎周辺、顔面などに現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。
この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。
また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。
治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。
治療法に関しては、個々の患者様の状態にも関係しますので、担当医とご相談下さい。

歯科口腔外科で扱う疾患

     

親知らずの抜歯

 親知らずは「生えてきたら必ず抜歯しなければいけない」というわけではありません。痛みや炎症などのトラブルが起きておらず、きちんと噛み合っている場合は、抜歯する必要がありません。抜歯が適用されるのは、歯並びに悪影響をおよぼしたり、虫歯や炎症、痛みなどを引き起こしていたりするケースです。

口腔粘膜疾患

 口内や口周辺には様々な病気があります。主な疾患として前癌病変の白板症、紅板症、アフタ性口内炎、カンジダ感染症があります。痛みなどの自覚症状がない場合もありますので定期的な診察が必要です。

インプラント

 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)によって、また外傷によって歯を失うことがあります。またヒトによっては先天的に歯が無い場合があります。そのような歯が無い部位の顎の骨にインプラントを埋め、そのインプラントに義歯を付ける治療方法がインプラント治療です。インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

顎関節症

 顎を動かすと痛い・口が開きにくい・雑音などの症状があるのが顎関節症で、歯軋りなどの筋肉の緊張や咬合不全などが原因とされています。

顎変形症

 アゴの骨の形が大きすぎたり、逆に小さすぎたり、左右でゆがんでいたりするために、かみ合わせたうまくいかない状態です。顎変形症の治療は、歯並びを直す「歯列矯正治療」と手術で顎骨を移動させる「顎矯正手術」とを組み合わせて行います。

ドライマウス

 日常生活において、病的な状態あるいは健康人の生理的な現象で口のかわきを感じます。皆さんが経験した口の渇きとは、精神的に緊張した際、高熱や下痢の場合などにみられます。口がかわく原因は生理的現象や病気、薬物性などもあり要因は様々です。