キッズルーム
歯磨き友達
子どもの歯並びは、3歳以降のできるだけ早いうちから管理!?

かみ合わせ・歯並びを正すことは、歯の病気予防にもなります。

歯並びが綺麗だと、「笑顔が素敵」というのはよく言われることですが、
かみ合わせ・歯並びを正すメリットは、それだけではござません。

歯並びが凸凹だと、どれだけに頑張ってハミガキをしても、歯ブラシの毛先が物理的に届かない部分が多く出てきます。
そのため、歯の汚れや歯石が溜まり、高確率で虫歯や歯肉炎・歯周病になってしまうのです。

一方、美しい歯並びを作ることで、ハミガキがしやすくなり、虫歯や歯肉炎・歯周病になってしまうことを防止できるようになります。

歯磨きイラスト
歯の健康家族

なぜ3歳からなのか?

子どもの歯は、3歳までは咬み合わせが非常に不安定です。
しかし、3歳を越えると咬み合わせが安定し、歯並びの傾向もはっきり現れてきます。

早くから歯並び改善を始めることには、骨格の成長を利用して治すことができるという大きなメリットがあります。
早期に治療を始めると、あごの成長を促したり、またあごが成長しすぎるのを抑えたりすることができます。
つまり、出っ歯や受け口の大元の原因である骨格から治すことができるのです。
また、実際に歯並びの治療では、装置をお口に入れたり、指しゃぶりなどの癖を改善することが必要になりますが、3歳以下ではコミュニケーションの問題などから困難なことも多くあります。
以上のような理由から、3歳以上のできるだけ早い時期からの管理が有効であると考えています。

実際に3歳から治療が必要な咬み合わせや歯並びの問題は限られていますが、できるだけ早い時期から、その子供の歯並びの傾向を把握し、適切な管理を行うことは大変重要です。

健康な歯は、子どもの未来へのプレゼント。

明るい笑顔健康な歯は、子どもの未来への素敵なプレゼントです。
子どもは、自ら歯を気にかけることはほとんどありません。
ママとパパ、ご家族の皆様だけが、子どもを健康な歯へと導くことができるのです。

はやし歯科医院では、子どもの歯並びは3歳以降のできるだけはやくから正していくことを強く推奨しております。
お子さんの歯並びが気になっている方・ご相談がある方は、お気軽にお問合せくださいませ。

歯ブラシ子供イラスト