ママ達の間で話題!0歳からの虫歯予防!?

一生虫歯ゼロを目指して!

皆さん、子どもの虫歯が気になり始めるのはいつごろからでしょうか?

世の中には、子どもの歯が生え始め、離乳食を食べさせる時期になってくると、虫歯が気になるというママが多いです。

しかし、今はもっと早くから虫歯対策を始めるママが増えています。

歯が生える前からできる虫歯予防により、「一生虫歯ゼロ」を目指しましょう!

虫歯・歯周病には、予防が大切。

皆さんは海外の歯科事情はご存知でしょうか?

世界有数の「虫歯・歯周病予防大国」として知られているスウェーデンでは、定期的に歯医者さんに通う人の割合が90%であるのに対し、日本では何と“たったの2%”しかいないのです。

ほとんどの人が定期的に歯医者さんに行っているスウェーデンに対し、100人に2人しか歯医者さんに行かない日本。

この差は非常に驚くべきものです。

北欧諸国の子どもたちは、生まれたときから定期的に歯医者さんに通って検査をし、虫歯や歯周病になりそうなリスクがあれば、それを事前に取り除く「予防」をしているため、歯の病気にかかりません。

つまり国民のほとんど全員が、生まれてから死ぬまで、一生、歯の治療をしなくてよいのです。

赤ちゃんの頃から、定期的に歯の診断・予防を。

「穴が開いたから埋める」「悪くなったから抜く」という歯の治療は、応急処置でしかありません。
そうなそうならないように、未然に予防し、病気を防ぐことが大切なのです。

特に、歯の生え始める生後6か月前後は、今後の歯の成長を左右する非常に重要な時期です。
子どもの歯を一生健康で保つために、「歯の治療」だけでなく、「歯の予防」受けることをおすすめしております。

はやし歯科医院では、「子どもの虫歯を直す」という治療はもちろんですが、「歯の予防」を行い、
綺麗な歯・美しい歯並び・正しい噛み合わせへと成長するサポートも行っております。