小児歯科とは

小児歯科とは、成長発育期にある子どもの虫歯の予防や治療を行う診療科です。
対象となる子どもの年齢に特別な定めはありませんが、基本的には0歳から中学生くらいまでのお子様を対象としています。
成長過程にある子どもの歯を、健康に保つことは、非常に大切です。
子ども時代の歯の状態は大人になったときの歯の状態にも大きな影響を及します。
当院では、お子様の性格を考慮した上で、最も適当な治療法にて対処いたしますので安心して治療をお任せください。
(待合室から目の届くところに広めのキッズルームも完備しております)

健康な歯と美しい歯並び、正しい咬み合わせは、お子さまが将来に渡り健康で豊かな人生を歩む上で大変重要なことです
できるだけ低年齢の時から、しっかりとした管理・治療を行うことで、
お子さんの将来をより素敵な笑顔で輝かせることができます。

ママ達の間で話題!!

歯並び、かみ合わせが決まるのは3歳から!

子どもにやさしい歯並び矯正「床矯正装置」

床矯正(しょうきょうせい)装置は、数多くある矯正装置のひとつで、簡単に取り外し可能な矯正装置として知られています。

大人でも矯正治療は大変です。
子どもならなおさら、ずーっと口の中に矯正装置を入れておくなんて嫌!ですよね。

取り外しができないタイプの矯正装置だと、矯正装置が邪魔で食べたい物を食べられず、おまけに歯も磨きにくいので、歯磨きを軽くしがちな子どもにとっては虫歯になってしまうリスクもあります。

その点、床矯正なら、食事や歯磨きのときは矯正装置を外すことができるので、虫歯になるリスクがかなり低いです。

子どもにやさしく、簡単に矯正を行う方法・・・それが床矯正です!